香水の使用期限は3年。過ぎてしまったらどうすれば良いの?【香水のプロ・調香師が解説】

香水 使用 期限 買取 中古 つけ方

香水の使用期限は未開封で3年であることをご存知ですか?

香水の使用期限・劣化する要因・期限切れ香水のリサイクル方法など、香水の使用期限に関する疑問を、香水のプロ・調香師ユタカが解説します。

調香師ユタカ
調香師ユタカ

1,000以上の商品開発に携わった元化粧品メーカーの調香師ユタカと一緒に、香水の使用期限について学びましょう!

香水の使用期限は「未開封で3年」です

香水 使用 期限 買取 中古

香水の使用期限は、日本では「未開封で、製造から3年」と薬機法で定められています。

調香師ユタカ
調香師ユタカ

あくまで「製造から3年」ですので、「購入してから3年」ではないことにご注意ください!

香水瓶の裏側などに、製造年月日が記載されている場合がありますので、心配な場合は確認してみましょう。

しかし、日本では香水に限らず、化粧品は製造年月日を記載する必要がないため、製造年月日を確認できない場合も。

調香師ユタカ
調香師ユタカ

製造年月日が記載されていなくても、「製造ロット(記号)」は必ずあるはずです。

メーカーに問い合わせれば、製造年月日を教えてもらえるかもしれません。

また、「未開封で」3年である点にも注意です。

開封してしまうと中身の劣化が始まるので、メーカーとしてははっきりと「◯年持ちます」とは言えないのが実情です。

開封後の香水はできるだけ早めに使い切るのが鉄則です。

使用期限を過ぎた10年前の香水は、多分使えます(自己責任です)

香水 使用 期限 買取 中古

香水は一回の使用量が少なく、余らせてしまうことが多いもの。

使用期限を過ぎてしまった香水はどうなってしまうのでしょうか?

長年香水の開発に携わった調香師としては、正直なところ「10年くらい経っても、全然使える」と思います。

化粧品が劣化するのは、「水分が腐る」「油分が酸化する」のが二大原因です。

香水はほとんどが香料・アルコールでできていますので、腐ったり酸化することは稀です。

5~10年ものの香水は香りが悪くなっていることが多いですが、香りの質によっては普通に使えるものも多いのは事実です。

実際に、ユタカが調香師として働いていた老舗メーカーでは、古い香水を保存していました。

自分の年齢(当時30才)よりも古い香水も、普通に使えるのに驚いたものです。

調香師ユタカ
調香師ユタカ

使用期限を過ぎた香水の使用はメーカーの保証範囲外です。

(多分大丈夫だとは思いますが)自己責任でお願いしますね。

香水が劣化する4つの原因と、正しい保管方法

香水は劣化しにくいとはいえ、できるだけ長持ちさせたいですよね。

香水が劣化する原因と、適切な保管方法をレクチャーします。

香水が劣化する4つの原因

香水が劣化する原因は「光」「温度」「空気」「カビ」の4種類に分けられます。

光(日光や蛍光灯)

香水瓶はデザイン性が高く、透明なガラス瓶であることが多いですよね。

透明な瓶は中身が劣化する原因となる光を通します

もちろん、UVカット加工されたガラス瓶が主流ですが、それでも100%カットできるわけではないので、要注意です。

光は日光だけでなく、蛍光灯などどんな種類でも中身に影響します。

また、直射日光が当たる場所に置くと、次に解説する温度上昇とダブルコンボで劣化しやすくなるので、香水を直射日光が当たる場所で保管するのはNGです。

温度

温度上昇も香水の中身劣化につながります。

アルコールや香料の分解が、温度が上昇することでスピードアップするからです。

高温になりやすい場所(キッチンや窓際など)に置くのはNGです。

空気(酸素)

空気と触れることで香水の中身劣化は加速します。

空気中の酸素が、香料やアルコールの酸化を促すためです。

基本的に香水は密閉性が高いガラス瓶に入っているので、外から空気が入ることはほとんどありません。

とはいえ、瓶の中の空間の空気と中身が触れてしまうことは防ぎようがありません。

使えば使うほど、空気(酸素)と中身が触れる割合が大きくなるので、早めに香水を使い切るのがおすすめです。

カビ

カビは水分(湿度)が多いところに繁殖して、中身を腐らせます。

香水は殺菌作用のあるアルコールが大量に入っているので、基本的にはカビが生えにくく腐りにくいアイテムです。

とはいえ、スプレーの口が肌に触れて、長い間使わないとそこからカビてしまう、ということもあるので、使い終わった容器は清潔に保ちましょう。

香水の正しい保管方法

香水の保管場所は、劣化の四大原因「光」「温度」「空気」「カビ」を防げる場所が最適です。

保管上手への近道は、NG保管場所を理解することです。

香水の保管場所としてNGな場所
  • 直射日光の当たる場所(窓際、屋外)
  • 温度が高くなる場所(キッチン、風呂、車内)
  • カビが多い場所(食べ物の近く、冷蔵庫)

よく間違えてしまうのが「冷蔵庫」です。

温度が低いので、保管場所に向いていそうな気がしますが、カビが豊富にいるのでNGです!

調香師ユタカ
調香師ユタカ

これらのNG保管場所を避ければ、どこで保管してもOKです。

リビングの棚の中などが最適ですが、容器をインテリアとして飾りたい場合は、NG場所に該当しないかどうか要チェックです。

期限切れ香水のおすすめのリサイクル方法4種

香水 使用 期限 買取 中古

香水の使用期限を過ぎてしまったけど、捨てるのは勿体無い・・・というあなたのために、肌につける以外のリサイクル(リユース)方法をご紹介します!

調香師ユタカ
調香師ユタカ

香水の使用期限はあくまで「直接肌につける場合」に限ります。

直接肌に触れない使い方であれば、まだまだ使えます。

せっかくの好みの香りですから、再利用しましょう!

サシェ(クローゼットの芳香剤)

香水 使用 期限 買取 中古

サシェは、ハーブや香料を入れた小袋のことです。

使用期限の過ぎた香水を使って、サシェ風のものを作れます。

コットンに香水を吹きかけ、それを小さな袋(封筒などでもOK)に入れて口を結べば、サシェの完成です。

玄関の靴箱やタンスの中などに忍ばせて、あなたの好きな香水の香りをふんわりと漂わせると、気分がアガると思います。

ルームフレグランス

香水 使用 期限 買取 中古

使用期限の過ぎた香水を一気に使い切る方法として、ルームフレグランス(リードディフューザー)にアレンジするやり方もおすすめです。

香水の蓋を開けるのがやや手間ですが、リードをさすだけでルームフレグランスに早変わりです。

香水の蓋の開け方は下記の記事を参考にしてください。

リードは百均やネットショップでも売っているので、探してみてくださいね。

また、香水をそのまま使うと香りが弱い場合があります。

これは、香水がリードにしみるスピードが遅いのが原因ですので、アルコールで薄めて浸透スピードを上げてあげましょう。

無水アルコールを使うとカビにくくなるのでおすすめです。

ルームスプレー

香水 使用 期限 買取 中古

自分の好きなタイミングで香りを楽しみたい場合には、ルームスプレーにアレンジするのがおすすめです。

そのままお部屋にシュッと吹きかけてもいいですが、香りが強すぎる場合も。

そんな時は無水アルコールで薄めて、香りの強さを調整してください。

使い方は、出来るだけ空中に向けて吹き付けるのがコツです。

カーテンやカーペットなど、布に吹き付けると変色してしまうかもしれないので、先に端の方で試して様子を見てからトライしてくださいね。

香水の中古買取サービスを利用する

究極のリサイクル方法として、「香水の中古買取サービス」を利用するやり方もあります。

香水は捨てるのが面倒なアイテムですし、残った香水も、別の人に使ってもらえた方が幸せというもの。

使いかけの香水でも買い取ってもらえる香水中古買取サービスがあるので、見積もり依頼をしてみましょう。

買取が成立すれば、ちょっとしたお小遣い稼ぎもできちゃいます。

使っている香水の使用期限が過ぎたら、次の香水を選ぼう!

香水の使用期限について、正しく理解できましたか?

使用期限を過ぎてしまった香水を再利用したら、新しい香水を探しませんか?

調香師ユタカ
調香師ユタカ

「自分に合う香水の探し方を知りたい!」という熱心なあなたには、下記の記事もおすすめです。

モテ香水を探しているなら↓

プレゼントの香水を探しているなら↓

好きな香りで選ぶなら↓

年齢別に似合う香りを選ぶなら↓

好きな芸能人の愛用香水から選ぶなら↓

好きなブランドで選ぶなら↓

メンズ/レディース香水で探すなら↓

この記事を書いた人
調香師 男性 普通
調香師ユタカ

化粧品メーカーの研究所で8年間、調香師として商品の香り開発をしていました。スキンケア、メーキャップ、ヘアケア、入浴剤など含め、1,000以上の化粧品の香りをデザインしました。香水を初心者にも気軽に楽しんでもらうために、このサイト(調香師ユタカのおすすめ人気香水ナビ)を立ち上げました。詳しいプロフィールはこちらから。

つけ方
シェアする
調香師ユタカをフォローする
調香師ユタカのおすすめ人気香水ナビ

コメント